風俗の税金について徹底解説!風俗嬢の脱税はバレる?

今回は風俗の税金について徹底解説します。
税金を払わないと風俗嬢の脱税はバレるのかについて税金対策に詳しい筆者が説明します。

※一応書いておきますが納税は風俗嬢だけでなく国民の義務です。税務署は警察よりも厄介で目をつけられたらほとんどの人の人生が終わると言われています。
このため、風俗嬢の方も正直に確定申告してきちんと納税しましょう。

風俗嬢の税金がバレる基準について

 

最初に結論から書きますと、手渡しでお給料をもらっている風俗嬢は、銀行に預けない限りは税金を収めていなくてもバレるリスクは非常に低いです。

実は、銀行は100万円以上収入がある口座の情報を税務署に提出しています。
このため、お給料を銀行に預けるとバレますが、タンス預金なら風俗嬢の給料を税務署が把握する手段がないため、まずバレないです。

また、1年のトータルの給料が100万円未満の場合も税務署にバレるリスクも極めて低いです。
なぜなら今の時代ヤフオクやメルカリなどで臨時収入がある方が多く、月に10万円程度の副業収入がある方が増えており、いちいち摘発していたら税務署職員が過労死するからです。

このため、風俗嬢でも月収10万円未満の方はあまり税金のことについて深く考えなくてもいいでしょう。

風俗専業の方は注意

一番リスクが高いのは風俗専業の方です。風俗専業で税務署に申告していないと、「無申告(税金を1円も払っていない人)」になって結構怪しまれます。

なぜなら、1円も収入がないのに生きていけるのは不自然だからです。このため、風俗専業で一人暮らしの方はできれば正直に確定申告して税金を収めたほうがいいでしょう。

特に市役所から市県民税の通知が来ている方は要注意です。

脱税がバレたらどうなるのか

意外とほとんどの方が知られていませんが、風俗嬢が税金を滞納していても実はそこまで大事になりません。
多くは修正申告といって、払っていない分の税金を払わされて終わりです。重加算税や追徴課税(一言でいうと脱税した罰金)を払わわれるのは何百万、何千万を脱税した人だけです。
逮捕となると数千万以上脱税して悪質な隠蔽工作をした人だけです。

このため、ほとんどの風俗嬢は脱税に関して過剰に怯えなくても大丈夫です。

税金よりも怖いもの

実は税金に関しては風俗嬢はあまり恐れる必要はありません。なぜなら、年収1000万以下の方は払う税金はたかがしれているからです。
税金よりも本当に厄介なのは保険や年金です。これらの負担は年収1000万で国民年金や国保でも100万円近くになります。

風俗嬢の方も税金の支払いを恐れるよりも保険や年金に関して心配したほうがいいでしょう。これらも納付猶予などができるので、1円でも得をするように調べてみてください。

まとめ

風俗嬢は税金を払ったほうがいいと思います。特にマイナンバーカードを持っている方は手渡しでタンス預金していない限り全部税務署に筒抜けだと思ってもらって大丈夫です。
ですが、風俗嬢が払う税金は非常に少ないですし、もし今まで払っていなくても修正申告すればいいだけなので過剰に怯える必要はありません。

ちなみに、脱税がばれる原因の多くは知人からの密告だそうです。どうしても税金を払いたくない風俗嬢は絶対に誰にも風俗で稼いでいることを言わずに、ひたすらタンス預金してください。
タンス預金すると泥棒などに怯えて毎日暮らさなければならないので、精神衛生上よくないです。

このため、正直に申告して税金を払ったほうが多くの風俗嬢にとって健康的だと思います。

タイトルとURLをコピーしました